スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
│posted at --:--:--│
2013.10.11(金)

LaLaDX 11月号 ~ その後の妄想 ~。

LaLaDX 11月号読んだら
イチャイチャ妄想が止まらない…

志季の、ダムが決壊したかのような
ダダ漏れの溢れんばかりの愛を
香蘭ははたして受け止めきれるのか(笑)

若干ネタバレになりますんで
それでもよければどーぞ!


それでは妄想スタートっ!!


*・・*・・*・・*・・*


志季の公開プロポーズから一夜明けた、次の日。


「…あの、志季。」
「なに?香蘭」

終始ニコニコ顔で答える志季にうぅっと戸惑いながら
香蘭は叫び声を上げる。


「な、なんで!?
私、今日も志季のひざに座らされてるの!!」



今日もいつもと同じように志季のもとを訪れた香蘭は
いつもと変わらない笑顔で迎えてくれた志季に抱き上げられると
あっと言う間に彼の膝の上に拘束され、そのまま腕の中に閉じ込められる。

「きょ、今日はお裁縫もしてないのにっっ!!///」

昨日は志季に「お裁縫を教える」という理由で
(膝の上じゃないと自分の手元がよく見えないとかいう志季の我儘)
その膝の上に拘束されていたが
今日はそんな理由も名目もなにもない。
なんにもないのにこの状況は一体何故っっ?!


「え?なんでって…。香蘭に触れたいから?」
「っっっ!!!////」

その直球すぎる答えに香蘭は真っ赤な顔で
口をはくはくさせる。

そんな様子の香蘭をみて「香蘭、可愛い」と言いながら
志季は額に軽く口づけを落とす。
そして、真っ赤になって固まる香蘭の顔を引き寄せると
その紅く染まった耳元へ顔そっとを寄せる。

「君は私のお嫁さんになる人だから…。
これは香蘭にしか出来ないことだよ。」

そう囁くと、香蘭の目を見つめ
その唇との距離をゆっくりと縮め…


「あの…陛下。とりあえず途中になっている
ここだけ印をいただけますか」



二人だけの世界を打ち破る円夏の声に
香蘭はハッと我に返り、慌てて志季の膝から逃げ出しながら
紅く染まった顔で円夏と雨帖に助け船を求める。

「ち、違っ!!///
あ、あの!!そ、そういえばまだお仕事中ですよねっ!!!」

逃げ出そうとする香蘭をギュッと抱きしめその胸に拘束すると志季は
ちょっと不機嫌な顔を側近へと向けながら片手で器用に印を押す。

「いえいえ大丈夫ですよ。お気になさらずに。
では、確かに頂きました。それでは我々は下がりますので
あとはゆっくりお好きになさってください。」

「ま、まって!円夏様!!雨帖様!!!」

そう笑顔でにっこり微笑むと円夏と雨帖は
香蘭の助けの声を聞くことなくその場を去って行った。

志季と二人っきりになった部屋で逃げることも叶わないこの状況。
助け船も失い、これからどうしたらいいのかと
目をグルグルさせていると耳元で甘い声がささやく。


「ねぇ香蘭…。さっきの続きをしよう?」



*・・*・・*


「はぁ…。陛下のあの人目を気にしないところは
大問題だな」

呆れたようにため息をつく円夏に雨帖が一応フォローを入れる。

「まぁ、今まで抑えていらっしゃった分もありますから…」

「香蘭殿は私達がいれば陛下の行動が抑えられると
思ってらっしゃるみたいだが…」

「陛下はまったく気になさらないでしょうね」

「そのまま事に及ばれでもしたら…」

「「いい迷惑ですね」」


そう遠くない未来に側近の二人は
香蘭にちょっとした同情心を抱くのであった。



*・・*・・*・・*・・*・・*


志季ってホントに人目を気にしないんだなぁ~と
今月号でしみじみ思ったんで、つい。

イチャイチャっぷりを目の前で見せつけられる
側近たちの気持ちも察してやれよ(笑)

ま!一番の被害者は香蘭ですけど。
羞恥心(?)がイマイチ足りないダンナに
翻弄される日々が待ってるんだろうなぁ~。




スポンサーサイト
web拍手 by FC2
│posted at 12:48:26│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.08.06(火)

秘密の逢引。




「志季~、あそこで円夏様が探してるみたいなんだけど…」
「…ああ。気にしなくても大丈夫だよ(ニコ)」
「まさか、円夏様を巻いてきたんじゃ…」
「それより香蘭。こっちにおいで」
「だ、ダメだよ!円夏様を困らせちゃ…って、わっ!」

(香蘭を抱き寄せ、いきなり口づける志季)

「っん!///」
「~っ?!んんっ!!…っはぁ、ちょ…ま、待って。し…っ!」

(いきなりの深い口づけに、志季の胸を叩きちょと抵抗するが
その激しさに翻弄されて体の力が抜け、その場に崩れ落ちる香蘭。)

「っはぁ…。ぁ…」

(崩れ落ちた香蘭を抱き上げると、彼女の耳元にそっと囁く)

「…私と一緒にいる時に
他の男の話は聞きたくないな」
「えっ…」

(そういうと香蘭の目に自分しか映らないようにと
王宮の奥深い部屋へ連れ去っていくのであった。)


*・*・*

なんじゃこりゃ~。
テキトーに描いたポーズ練習の絵に
無理やり小話をつけてみたりして。

とりあえず両想いになった二人の逢引シーン設定で。
まわりには秘密なので隠れて逢引。
(香蘭とイチャイチャしたいから)

外では円夏様が抜けだした帝様を必死こいて探しております(笑)
そんな円夏様に味方した香蘭に志季はちょっとジェラってます。

せっかく二人っきりだから
自分だけを見ろ~ってネ。


「…香蘭、私だけを見て。
そして、私だけを感じて…」


…って、ことですかい。
セリフだけ書くと恥ずかしいナ(汗)






web拍手 by FC2
│posted at 13:43:46│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.07.02(火)

茉莉花を纏う君。

昨日中にアップしたかったのにムリでした!
どうも、きくらげですっ!

今日は
ただ、イチャコラしている志季と香蘭が見たかった!
そんな話です。

それではどうぞ〜*



*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*


きれいな茉莉花、きれいな茉莉花
庭中に咲いたどの花も その香りにはかなわない
一つとって飾りたいけれど 怒られてしまうかしら

きれいな茉莉花、きれいな茉莉花
雪よりも白く咲いた茉莉花
一つとって飾りたいけれど 笑われてしまうかしら

きれいな茉莉花、きれいな茉莉花
庭中に咲いたどの花も その美しさにはかなわない
一つとって飾りたいけれど 来年芽が出なくなってしまったらどうしましょう

*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*

澄み渡った青い空の下。木々も深緑が深まり日差しが強くが感じられるようになってきたある日のこと。

「初夏の匂いがするね」

いつものように香蘭と一緒にお茶を楽しんでいると嬉しそうに香蘭がそういった。

「初夏の匂い?」
「うん、なんていったらいいのかな?
ちょっと梅雨の湿っぽさも残ってるんだけど、
爽やか~って感じの風に乗ってくる土とか森の匂いみたいな?」
「そうなんだ。・・・うーん、ごめん。
私はあまり感じたことがないから、よくわからないなぁ・・・」

感受性が豊かな彼女だから、季節の移ろいを敏感に感じ取ることができるのだろう。

「あ、あんまり気にすることないよ!こういうのは人それぞれだと思うし。
きっと志季には、志季の季節の感じ方とかあると思うからっ!」

よほど残念な顔を私がしていたのか、彼女は慌ててそういうと茶杯に残ったお茶を飲み干した。

「私なりの感じ方?」
「そう!志季のだけの季節の感じ方。」
「・・・」

そう言われて、意識を匂いへと集中させる。
するとほのかに甘く香る花の匂いがする。

「…香蘭。香かなにかつけてる?」
「え?」

初夏の風に乗って香蘭から微かに香る匂いがいつもと違うのに気づく。
いつも草原のような香りがする彼女から、清々しい花の香りが微かに香る。

「あ、ひょっとしたら女官さん達に教えてもらった匂袋かな?
山とかに咲いている花で作れるからって教えてもらって作ってみたんだ。
そんなに強い香りじゃないから、枕の下に入れたりするといいっていってたからそうしたんだけど…」

そう言う彼女の髪を一房手に取り顔を近づけると、より一層甘い香りがする。

「し、志季っ?!」

真っ赤になって焦る彼女に気がつかないフリをして、さらに項へと顔を寄せると彼女本来の香りと花の香りが重なり合い、まるで誘うような甘い香りが鼻をくすぐる。

「ちょ、ちょっと!ち、ちち、近すぎ…って、わっっ!!」

すでにパニックになりかけている香蘭を抱き上げ、顔を合わせて彼女に問いかけてみる。

「香蘭。この花って、この季節に咲く花?」
「茉莉花の花?そ、そうだけど…。なんで?」

夏に咲く花の香りを纏った香蘭に季節の移ろいを感じる自分がいる。
その答えにうれしくなり、もう一度その香りを確かめようと彼女の項に顔をうずめると、ビクっと震えた真っ赤な顔の香蘭から抗議の声が上がる。

「い、一体なんなのっ?!」
「うん。この香蘭の香りが私にとっての初夏の匂いだなぁ~と思って」
「へっ?!な、なにそれっ?!意味がわかんない!しかも私の匂いって…」
「私には私だけの季節の感じ方があるって言ったよね。
だから、私は香蘭からこの茉莉花の香りがしたら、初夏の訪れと思うことにするよ」
「ええぇっ!!」
「香蘭のように初夏の匂いはわからないけど、君の香りならすぐわかるよ」

そう香蘭に笑顔で言うと、耳まで真っ赤になった顔で金魚のようにパクパクと口をさせてる。

「そ、それじゃ毎年私が茉莉花の香付けて志季のそばウロウロしてないとダメじゃんっ!!」
「うん、そうだね。だからこれからもずっと一緒にいようね」

そう言って、初夏の匂いが甘く香るその首筋に軽く口づけを落とす。

「っ!? だからっ!!
友達にそんなことしたり、言ったらダメっていってるでしょーっ!!!」


きれいな茉莉花
きれいな茉莉花
庭中に咲いたどの花も

その香りにはかなわない。


*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*・。・*

【茉莉花(まつりか)】
花言葉;清浄無垢、長すぎた春。





お疲れでやんしたぁ〜。

書き終えてみると
単なる志季のセクハラ話な感じがするのは気のせいだろうか・・・。

茉莉花はジャスミンの一種のようです。
書いている途中から付け加えた設定の割には
なかなか香蘭にぴったりな花で。

冒頭で書いた詞も
中国民謡で実際にある歌のようです。
ますます香蘭にピッタリ!


しかし。
どうにかならんものか、この文章力の無さ。
どっかに文才落ちてないかなぁ・・・










web拍手 by FC2
│posted at 01:06:05│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.25(火)

約束の樹。



「志季、覚えてる?あの時のこと…」
「もちろん、よく覚えているよ」
「こんな風に、また志季と一緒にこの樹に登れるなんて…
フフっ。なんだかまだ夢みたい」
「夢なんかじゃないよ。信じられるまで何度でも君に伝えてあげるよ」

そういって志季は香蘭の顎に手をかけて上を向かせると
彼女の唇を優しく啄む。
いまだになれない香蘭はきゅっと志季の袖をにぎりしめ
その閉じたまつ毛はわずかに震えている。
その仕草に煽られて徐々に口づけは深くなっていく…。

「…っ、はぁ…」
「…まだ、信じられない?」

志季が名残惜しそうにゆっくりとその唇から離れ、香蘭をじっと見つめてそう尋ねると
真っ赤になった香蘭は知らない!と言ってそっぽを向いてしまった。
その恥ずかしがる姿も可愛くて、愛おしくて。
志季は香蘭を後ろから抱きしめながら、改めて今の自分の幸せを噛みしめる。


あの時。

彼女を、香蘭をあきらめなくて良かった。

彼女に出会えて、良かったと…。



・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●*・*●・*●*・

二人で木登りさせてみました。
香蘭は枝に座ってるんです。
見えないけどっっ!!(涙)
志季は香蘭が落ちないように支えてあげてます。

香蘭の格好からご成婚後という設定ですかね。
昔の思い出に浸りながら二人で木登り。

突如、姿を消した二人に
側近はいい迷惑です(笑)

でも毎度のことなので
慣れっこかぁ~(^_^)

カテゴリを落書きにするか妄想小説にするかで
ちょっと悩みました。

話にしてはちょこっとなんで
話にもなんないけど。

気が向いたら
この樹での思い出話でも考えてみるか。

「約束の樹」なんてエラソーにタイトル付けたワリには
なーんも考えてなかったんで(汗)。


web拍手 by FC2
│posted at 16:12:40│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.18(火)

昌の国のユカイな仲間たち。 ~ おすそ分け編 ~

ぐぅぅぅ~っっ。


「っ!!///」

夸白のお腹が盛大に空腹を主に告げる音がする。

「すげぇ音だな」
「叔豹!!」

イヤな奴に聞かれたもんだと夸白は思いっきり叔豹を睨みつける。
ちょっとくらいの音なら気のせいと言い切ってごまかしてしまうのだが
今日の音はお腹の中で合奏会でもしているのか?と思うほどの音の鳴りようだ。

(なんで!よりによってコイツなんかに…っ。)

女子たる者、こんな奴とはいえ殿方の前でお腹が鳴るなんて!
穴があったら地中深く潜ってしまいたい!!

羞恥で真っ赤になった顔を見られないよう俯いて
その場を足早に去ろうとしたその時。

「ほら、食えよ」

叔豹が夸白の目の前におにぎりの包みを差し出す。

「…なんですの?」
「ハラ減ってんだろ?1個やるから食え。」





さらにズイっと差し出されたおにぎりは
米粒ひとつひとつが立っていてツヤもあり、とても美味しそうだ。

「フ、フン!そんな庶民の食べ物なんて
私の口には合いませんわっ!!」
「あっそう。けど、そのハラの音鳴らしっぱなしよかマシだと思うけど?
そういや、さっき陛下が香蘭に会いにきてたなぁ~?」

そう言いながら叔豹は夸白を見おろし、ニヤリと笑う。

「~っっ!!」

くやしぃぃーっっ!!
なんで!!
こんな奴なんかに食べ物を分け与えてもらわないといけないのよっ!!!

けれど。このままお腹の音が鳴り響いて、他の人に聞かれるのもイヤだし。
それに。陛下にバッタリ会って聞かれてしまったら…

「…しょ、しょうがないわね!
1つもらってあげるわよっ!!」

そう言うと、夸白は目の前に差し出された包みから
1つおにぎりを奪い取るような速さで取ると
そそくさと人目のつかない場所へ駆けだそうとした。

「おい!コラ待て!!」

外で、しかも立って食べるなんて、貴族子女の夸白には恥ずかしい行為で。
だから、人目を忍んで食べようかと思って駆け出したのに
それを叔豹は夸白の腕を掴んで引きとめた。

「な、なによ!ちょっと離してよっ!!」
「どこ行くんだよ?ここで食ったらいいじゃねーか」
「い、いやよ!はしたないっ!!」
「どーせオレしかいねーのに、はしたないもクソもあるか。
それに。オレはお前の食ってるとこなんてどーでもいいし?」
「なによ、それっ!!」

ムキーっと怒り出す夸白の手からおにぎりを取りあげると
叔豹は夸白の口へムギュっとそれを突っ込んだ。

「む~っ?!」
「ほら食え!さっさと食えっ!!」
「ちょっほ、にゃにひゅんのほっっ!!」
「食いながらしゃべるなよ。行儀悪りぃなぁ」
「っっっ」(怒)

口に突っ込まれてしまったおにぎりを出すわけにもいかず
夸白は仕方がないので、渋々そのまま大人しくおにぎりをほおばり始めた。

「どーだ?うまいだろ?」
「・・・庶民の食べ物にしては上出来ですわ」

どうして、この男はこうも強引なんだろう。
いつも、いつも!いつもっ!!

けれど…。

それが、イヤじゃない自分がいて。
それを、どこかで嬉しく感じる自分がいて。

それは、きっと気のせい。
きっと、気の迷い…


「…ありがと。」


叔豹に聞こえるか聞こえないかくらいの小さな声で
下を向いたまま、ぽそりとつぶやいてお礼を告げた。


「・・・」

頬を染めながら俯いたまま、大人しく礼を告げる夸白は
思いのほか、しおらしくて可愛くて。

(…こんなのサギだろ。不意打ちすぎねえ?)

不覚にも、コイツって可愛いなぁ~とか思って
思わず見とれてしまった叔豹であった。



■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■


どうにも終いをつけれなくなって
強制的に終わりました(汗)

自分の文章力の無さとボキャブラリーの少なさに
イヤんなっちゃう!!(涙)


オフィシャル通り(?)の叔豹×夸白です。
ワタシは好きだなぁ~。

ウチは夸白がツンデレなんです。(← オフィシャル通りやんけと言われそう)
なにげに叔豹も夸白にメロってます!(大笑)

夸白
「ふ、ふん!アンタなんか好きじゃないんだからっ!」
とか言いながら好きオーラ出しまくりみたいな感じ?

叔豹
「そんなウソ言っている口はこの口か?」
夸白の口をタコ口掴みしてニヤニヤ♪

夸白
「キーッッ!!///」

叔豹が夸白をペット扱いで
可愛がるような愛し方が理想だ。(爆)



web拍手 by FC2
│posted at 17:04:01│ コメント 0件トラックバック 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。