スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
│posted at --:--:--│
2013.07.22(月)

冷静と熱情の間で。3

やっと続きです。
スミマセン。
前回より間が空きすぎですね(汗)

当初考えていたものから
どんどん遠ざかっていってます。

どうやって終いををつけようかと
焦ってます(大汗)

それでは、どうぞ〜。



*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


いきなり般若の如く形相で現れ、玄関先にで立ち尽くす久々に会う幼馴。
鏡花との感動の再会を描いていた3人は
自分たちの予想に反した鏡花の姿に何事かと驚くばかり。
突然のことに呆然としている3人に駆け寄ると
鏡花は香蘭の肩を両手で掴み激しく揺さぶりながら物凄い勢いで問いかけた。

「香蘭!あんた!!チャランポランな
ボンクラ貴族に弄ばれてるって本当なのっ?!!」
「チャ、チャランポラン?ボンクラ貴族っ??
きょ、鏡花姉!一体なんのことっ?!!」

いきなりの突拍子もない問いかけに、何のことだか意味がわからない。
香蘭が頭に?マーク浮かべながら鏡花に揺すぶられていると横から来花がツッコミを入れる。

「いや、鏡花姉。私そんなこと一言も書いてないし。
どこをどうやったら『見目麗しい公子様』って書いたのが
『チャランポランのボンクラ貴族』に変わっちゃうワケ?」
「私の可愛い香蘭に手を出す男はどいつも同じよっ!」
「か、書いたってナニ書いたの?!来花!!」
「やだぁ香蘭♪そんなのアンタと公子様の恋の行方に決まってるじゃない!」
「ええっっ!!な、なにソレ?!」

香蘭近況報告の内容が勝手に脳内変換されていることへ突っ込む来花に
飢えたオオカミから香蘭は守ってみせる!と堂々と『香蘭命』を宣言する鏡花。
何が何だかワケがわからないパニック状態の香蘭に
事の成り行きを面白おかしく説明する思麗。

久々に会う幼馴染との涙の再開シーンは予想外の鏡花の奇抜な登場の仕方で
てんやわんやで、シッチャカメッチャカな状態の、ドタバタ再開シーンで幕を開けたのであった。

*・*

「・・・だいたいの事はわかったわ。」

とりあえず鏡花の誤解(というか、ねじ曲がった解釈)を解こうと
志季との今までの経緯を一通り説明した香蘭はすでに気力の半分が削がれていた。

(『友達』って説明だけでこんなに疲れるなんて。
もし、私が志季のことを「好き」っていうのがバレたら・・・)

今の鏡花の勢いをみて、そのことを考えただけで顔から血の気が引いていきそうだ。
香蘭は鏡花に気づかれないようにコッソリとため息をついた。

「ところで香蘭。一応確認しとくけど
その『志季』という男に、なにもされてないわよね?」
「へっ?」

にっこりと悠然と微笑みながら、そう言う鏡花の目は少しも笑っていない。

(こ、コワイ!)

今まで鏡花に隠し事を隠し通せたことがない香蘭は
自分の心を見透かすような、その鋭い視線から少しでも逃れたくて思わず一歩後ずさる。

「近頃は『友達』とかいいながら、色々としてくるヤツもいるからねぇ〜」
「い、色々って?」

その香蘭の問いかけに鏡花の目がキラリと光る。

「例えば・・・
『友達』だといいながら、抱きしめてきたりとか?」
「!」

「『友達』だから、泊まりにおいでと自宅に誘ってきたりとか?」
「っ!!」

「極めつけは『友達』だと言いながら
むやみに体に触れてきたり、口づけてきたりとか?」
「っっ!!!(汗)」

「「・・・。」」

二人の間に何とも言えない沈黙が流れる。
香蘭の背中にイヤな汗がつぅ〜と伝う。

「香蘭っ!!そいつにナニされたのっっ??!!」
「な、なにも!なにもされてないよっっ!!!」

間髪いれずに真っ向否定する。
しかし、香蘭の一瞬の動揺を見逃さなかった鏡花は
何かを感じ取り、その場に泣き崩れた。

「私の可愛い香蘭がボンクラ貴族なんかに
純潔を奪われるなんてぇぇぇぇっっっ!!!」


「なっ!そんなことされてないっ!!
項に口づけまでしかされてないよっっ!!!」

鏡花からあり得ない言葉が飛び出し焦った香蘭の口から
思わずポロリと真実がこぼれ出る。

「あ!ち、違っ。う、ウソウソ!
今の、ウソだからっ!!」

慌てて取り繕うとするが、口をついて出た言葉は今更取り消すことはできない。
時すでに遅し。覆水盆に返らずだ。

「キャー!ウソ〜っ♪」
「公子様って見かけによらず結構積極的なのね〜っv」

香蘭からの爆弾発言を受け、来花と思麗は頬を染めながらキャーキャーと盛り上がる。
そんな二人を他所にドス黒く渦巻くオーラを身に纏い、ゆらりと立ち上がる鏡花の姿に
香蘭の顔からは一気にサァーと血の気が引き、目にはジワリと涙が溜まり
恐怖のあまりに小刻みにカタカタを身震いが起こる。

「あ・・・あ・・・」

あまりの恐怖に声にならない香蘭は
口をパクパクとさせながら一歩、また一歩と後ずさる。

「こ〜う〜ら〜ん〜っ!!
一体どういうことか、ちゃんと説明しなさいっっ!!!」


*・*・


怒りを爆発させた鏡花から脱兎の如く外へ逃げ出した香蘭だったが
鬼神となった鏡花から逃げ出せるはずもなく。
あえなく捕獲された香蘭は『男』という生き物がいかに危険なものかを
延々と聞かされるハメになった。

そのおかげで。
ここ最近の悩みの種であった志季の「行き過ぎた友情行為」は
やっぱり普通じゃない、ということは理解することができ悩みは解消したかのように思えた。

しかし。
では何故、「友達」だという自分に、そんなことを志季はしてくるのだろう?
鏡花が言うような「単なる体目当て」なんてことは
色々選り取り見取り、選び放題の状況にある志季にとっては絶対あり得ない。
それに。
もし体目当てというなら、男の人は自分みたいな子供っぽいのじゃなくて
もっと美人でグラマーな女性を選ぶのでは?

「・・・ひょっとして、志季も私のことが好き、とか・・・?
な、なんてあり得ないよねっ」

自分の心の奥にある願望が思わず口をついて出る。
しかしそれはない、それはあり得ないと頭をブンブンと振ってすぐに否定する。

「はぁ・・・。
これからどうやって「友達」をやっていこう・・・」

新たなる疑問が生まれ、結局はなにも解決には至らないこの現状に
香蘭はますます頭を悩ませるのであった。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
│posted at 01:39:35│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.07.09(火)

冷静と熱情の間で。2

お待たせしました。(え?待ってない?)
「冷静と熱情の間で。」の続きです。
筆が遅いのでなかなか進まない・・・。

今回は志季の出番はナシです。
別に前回、香蘭に散々セクハラしまくったバツで
出番がなくなったワケではありません(笑)

それではどうぞ〜 ^ - ^




*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

最近、なんだか志季との距離が近いような気がする。

・・・いや、近いというか。
あれって、もう友達の域ではないような気がするんですケド(汗)
身分の高い人たちは「あんなこと」も普通に友達にするの?
それとも、私が男女の友情のことを知らないだけ??

優しく髪に、頬に触れてくる、彼の大きな手。
その胸に抱きしめられると香る、彼の匂い。
そっと首筋に寄せられる、彼の吐息と柔らかな温もり。

「・・・。」

あああぁぁぁぁっ!!!!/////
な、なんかやっぱり「友達」とは色々となんか違う気がする!!!

王宮からの帰り道。
改めて最近の志季の一連の行動を色々と思い返し
顔から火を吹きそうなくらい真っ赤になる。
ショート寸前の頭の中はグルグルぐるぐると
志季との濃密なひと時のことばかりが駆け巡る。
おかげで考えはちっとも纏まりそうにもなくて。

もう!もう!もうっ!!
志季のバカっ!
色々と勘違いしそうじゃん!
一生、志季のいい「友達」でいるって決めたのに!

このままじゃ・・・
志季と「友達」でもいられなくなっちゃうよ〜っ!!!

もう、どうしていいのか分からなくなってきた香蘭は
半べそをかきながら夕暮れの家路を急ぐのだった。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


本来なら、志季と楽しく学院近くの川沿いを散策するはずだった日。
香蘭は久々に帰郷する幼馴染のために朝から忙しく出迎えの準備をしていた。
昼過ぎにもなると来花と思麗が訪れ3人でワイワイと盛り上がりながら
一緒に準備を進める。

「ねぇねぇ、香蘭! その後、あの美人な公子様とはどうなの?」
「へっ?!」

準備もひと段落ついた頃、二人から興味深々の輝いた目で問いかけられる。
ここ最近の悩みの種でもある彼の人のことを聞かれ
不意打ちを突かれた香蘭は素っ頓狂な声をあげる。

「な、なにが?! ど、どど、どうなのって?!!」
「もうっ!しらばっくれないでよ〜♪ 」

友達の恋話にキャッキャと楽しそうな二人とは対象に。
そこには、赤やら青やらに顔色を忙しく変える香蘭の姿が。

いつの時代、どこの国でも。女子の好物は大抵、恋だの愛だのの男女の話で。
女ばかりが集まれば、盛り上がるのは友達の恋愛話。
しかも香蘭の周りはトキメキに飢えている既婚者ばかりだ。
友人のお相手が、あの眉目秀麗なイケメン公子だった日には
こんな美味しい酒の肴はないだろう。
まるで絵巻物に描かれるような、美しい男と女の身分違いの禁断の恋。
想像するだけで干上がったトキメキの泉が満たされていくようだ。

「「さぁ、香蘭!どうなの?!」」
「ど、どうもなってないよっ! 」

トキメキに飢えた二人と自分に言い聞かせるように
そう言うと香蘭は徐に立ち上がった。
そして、決意新たにちょっと大きな声で言い聞かせる。

「だって、志季はともだ・・・」
『香蘭!!無事?!!』

「志季は友達。」
そう自分と二人に言い聞かせようとした、まさにその瞬間。
香蘭の安否を叫ぶ声と共に玄関の引き戸が勢いよくスパーンっと開かれる。

その玄関先には仁王立ちした女性のシルエットが。

「「「き、鏡花姉っっ?!」」」

そこには村一番の美人、香蘭の2歳年上の幼馴染の鏡花(きょうか)が
般若の如く形相で立ち尽くしていた。


web拍手 by FC2
│posted at 02:59:27│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.07.04(木)

冷静と熱情の間で。1

おおっ!
このワタシが連続で小説アップできるなんて
槍が降るかもよ?!

あ。だからさっきからカミナリがなってるんでしょうかね?(笑)

そんなこんなで、こんばんわ~ ^ ^

今回はなんと初!の続きモノに挑戦です!!
我ながらなんてチャレンジャーなんだ…。
このワタシが続き物なんて。
果たしてホントに完結すんのか?!って気配満々なんですけど
頑張っていってみたいと思います!!!

オリキャラが結構ガッツリ出る予定なので
それでもOKよん♪っていう方はどうぞ~。

あ。
ちなみに最初に言っておきますが
志季と香蘭はまだ友達です(笑)



*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

私の可愛い香蘭が悪い男に引っかかっているっ?!

本来なら楽しいはずの久々の里帰り。
けれどその道中で浮かぶのは、先日来花の便りで知った衝撃の真実。
私の可愛い香蘭がどこの馬の骨かもわからないチャランポランな金持ち貴族に弄ばれているなんて!
おのれぇ~っ、ボンクラ貴族めっ!絶対許すまじっっ!!
この私がそいつに天誅くだしてやるっっ!!!

彼女の中に沸々と込み上げる怒りは、生まれ育った懐かしの故郷に到着する頃には最高のボルテージへと到達しようとしていた。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


いつもと変わらない、穏やかな日の午後。
いつものように、志季と二人でお茶を楽しむ。
いつものように、他愛のない話に花を咲かせる。

近頃変わったことといえば、執務室の隣にある休憩室で過ごす時間。
その「憩いのひと時」が最近の香蘭の悩みの種となっていた。


「あ、あの、志季っ!」
「ん?どうかした、香蘭?」

休憩室に備え付けられた寝台サイズの豪華な長椅子に腰掛けた志季は
香蘭を背後から抱き寄せ、その項に顔をうずめて彼女の香りとその肌の感触を楽しんでいた。

「は、離して欲しいんですケド・・・」

耳まで真っ赤に染まった顔でいつものようにそう切り出した香蘭に、彼女の項から顔を少しあげていつものように受け答えする。

「・・・香蘭の匂いって、すごく癒やされるんだ。疲れがほぐされるみたいで気持ちがいい」

そう言ってギュッと抱き直すと、再び彼女の項へ顔を寄せその肌を軽く啄んでみる。

「ひゃっ!」

不意な刺激にビクッと身体を震わせると、その大きな瞳に少し涙を滲ませて耳まで真っ赤に染まった困り顔をこっちに向ける。
そして腕の中でこちらへ向き合うように体をひねると、香蘭は私の口をその小さな手で塞ぐようにする。

「そ、それはダメっ!」
「ゴメン、・・・イヤだった?」

口に押し当てられたその手をとり、そのまま掌に軽く口づけて彼女に問うと、赤く染まった顔を更に真紅に染めて狼狽え始める。
その様子がとても可愛くて、思わず向き合ったその状態で再び抱きしめる。
そして今度は、正面からその首筋に顔を寄せて彼女の香りを楽しもうとしたら香蘭が慌てて話を切り出した。

「あ、あのね!明日のことなんだけどっ!」
「うん?明日の約束のこと?」

明日は学院視察の後、二人で学院近くにある川沿いの散策をする予定。
そのために円夏に無理をいって、政務を巻きで仕上げて予定を無理やり空けさせた。
久しぶりに王宮の外で二人で過ごせるとあってとても楽しみにしていた約束だ。

「そ、その・・・。明日の散歩の約束、延期できないかな?」
「え・・・」

その彼女の言葉に甘いひと時が一瞬にして凍りつく。
顔を上げ香蘭の顔を見ると、申し訳なさそうに眉を下げた彼女の顔が。

「なんで?どうしたの?なんかあった??」

矢継ぎ早に畳みかけて彼女に問いかける。

「あ、あのね。急きょ幼馴染が久しぶりに村に帰ってくることになったんだ」
「幼馴染?」
「うん、それでね。それに合わせて外にお嫁にいった娘達も里帰りして、みんなで久しぶりに集まろうって話になって。
だから朝から色々と出迎えの準備とかで忙しいから、学校もお休みさせてもらおうかなと思って・・・」
「え?学院にも来れないの?」
「う、うん。志季と約束してたのに…。本当に急でゴメンね」

そう言うと彼女はシュンと項垂れた。

「…幼馴染は久々の里帰りなんだ?」
「うん、国境に近い遠い村へお嫁にいっちゃったから、なかなか帰ってこれないんだ…。」
「…そう、なんだ。それなら仕方がないよね…。
じゃあ、明日は楽しんでおいで。」
「うんっ!ありがとう、志季!!」

そう彼女に告げると、香蘭は嬉しそうな微笑みをこちらに向ける。
本当はすごく楽しみしていた明日の香蘭との約束。
けれど、久しぶりに会うという幼馴染のことを楽しそうに話す香蘭の笑顔を見ているとそんなことは言えず。
彼女に明日会えないのは本当に残念だけど、嬉しそうに笑う香蘭の笑顔がみれたのでそれで良しとしよう。

そして。
明日会えない分も、今日のこの「憩いのひと時」で香蘭を補充して補っておこう。
そう考えた志季は、再び彼女を抱きしめて首筋に顔を落とすと政務の合間の休憩時間が終わるその時まで、抗議の声をあげる香蘭を余所に思う存分に彼女の香りとその体温を堪能し尽くしたのだった。


*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


「それじゃあ、今度来る時はお詫びにしいたけ料理をいっぱい作ってくるからね!」
「本当?それは楽しみだな」

帰り際に香蘭は満面の笑みでそう言うと、
またねと手を振りいつものように帰路につく。
志季もその姿をいつものように彼女の姿が見えなくなるまでを見送った。


二人とも

まさか

この、いつもの別れが

しばらくの「別れ」になるとは

思いもよらずに…。


web拍手 by FC2
│posted at 01:42:29│ コメント 0件トラックバック 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。