スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
│posted at --:--:--│
2013.06.30(日)

お礼ページ更新。

拍手のお礼ページ画像を更新しました! ^o^

本日、セミが鳴き出したので
どうやら夏が到来したようなので
香蘭、夏使用を追加★(夏祭りバージョンはどーした)

興味ある方はぜひど〜ぞ♪


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
│posted at 00:26:02│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.29(土)

6/29までの拍手・コメントへのお礼。

6/29までに拍手・コメントをくださった皆様!
ありがとうございます♪

ああ。早くも6月が終わってしまいますよ!
今週は怒涛の月末だったため、あまりロクな更新もできませんでシタ。
忙しい最中、現実逃避で
ネタはいっぱい浮かんだのに
浮かんだ端から忘れていっている・・・
さすがはニワトリなみの我が頭。
いつか思い出すといいなぁ(笑)


【コメントへのお礼】

ななさん

こんなワタシの絵なんかで萌えていただけるなんて!
嬉しい限りでございますっ!!
雨の日とかって、しっとりで艶っぽい?感じがいいですよね〜 ^ ^
こういう時は志季と香蘭には密室で密着して
イチャイチャと過ごしてもらいたいものです(笑)






雨の日の散歩の二人のイラストを使いまわし。

web拍手 by FC2
続きを読む≫
│posted at 15:37:08│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.29(土)

雨の日の散歩。


描いてみたはコチラ

雨の日の散歩中の風景より。

描きかけでずっと放置してたのを
やっと仕上げれたぁ~!

このアングルは
実は先日法事でみた美坊主さまがモデル。

法事の最中、妄想にトリップしてたワタシは不謹慎なヤツです。 web拍手 by FC2
│posted at 04:17:27│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.27(木)

暴れん坊将軍。

チャーラーラー♪
チャララチャララ♪
チャーチャーチャーッ♪
(チャキンっ)



見えなくても殺陣のかまえのつもり。

ああ。
暴れん坊将軍、上様のような
ステキな殺陣を繰り広げる志季が描いて(書いて)みたいっ!!



志季は身分を偽った将軍様でぇ~
香蘭は行きつけのお茶屋の娘さんでぇ~
危ない所を志季に助けられるとか?

あ、火消しの頭は叔豹でお願いします(笑)

久々に暴れん坊将軍みたいなぁ~とか
殺陣のテーマ聴きたいなぁ~と思って検索したら
仮面ライダーオーズと映画でコラボって、ナニっ?!
メッチャ面白そーなんですけどっ!!!



web拍手 by FC2
│posted at 14:33:42│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.26(水)

浮気。

今日は帝の至宝ネタじゃないデス。
スイマセン、浮気です。





「なにをっ?!」とは突っ込まずにはいられないワタシ。


狼陛下の花嫁の今月号に萌え過ぎて
思わず落書き。

ダメだよ、夕鈴!そんな危険セリフ(笑)
はぁ~、狼陛下もいいね。
萌えモエする。


ワタシ、狼陛下の花嫁も大好きです。
最初、狼陛下と帝の併設ブログにしようかと思ったけど
お素敵ブログ様がけっこういらっしゃるし
毎月本出るし(←これ、大事)
だから、そこそこ心が満たされてるので
帝の至宝一本で行こう!としたのですが。

たまにね。
ちょろっと本誌読んで、萌えで暴走したりして
出て来るかも、です。(意志弱し)

帝の至宝にしか興味がない方には
スンマセン。

web拍手 by FC2
│posted at 15:50:05│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.25(火)

約束の樹。



「志季、覚えてる?あの時のこと…」
「もちろん、よく覚えているよ」
「こんな風に、また志季と一緒にこの樹に登れるなんて…
フフっ。なんだかまだ夢みたい」
「夢なんかじゃないよ。信じられるまで何度でも君に伝えてあげるよ」

そういって志季は香蘭の顎に手をかけて上を向かせると
彼女の唇を優しく啄む。
いまだになれない香蘭はきゅっと志季の袖をにぎりしめ
その閉じたまつ毛はわずかに震えている。
その仕草に煽られて徐々に口づけは深くなっていく…。

「…っ、はぁ…」
「…まだ、信じられない?」

志季が名残惜しそうにゆっくりとその唇から離れ、香蘭をじっと見つめてそう尋ねると
真っ赤になった香蘭は知らない!と言ってそっぽを向いてしまった。
その恥ずかしがる姿も可愛くて、愛おしくて。
志季は香蘭を後ろから抱きしめながら、改めて今の自分の幸せを噛みしめる。


あの時。

彼女を、香蘭をあきらめなくて良かった。

彼女に出会えて、良かったと…。



・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●・*●*・*●・*●*・

二人で木登りさせてみました。
香蘭は枝に座ってるんです。
見えないけどっっ!!(涙)
志季は香蘭が落ちないように支えてあげてます。

香蘭の格好からご成婚後という設定ですかね。
昔の思い出に浸りながら二人で木登り。

突如、姿を消した二人に
側近はいい迷惑です(笑)

でも毎度のことなので
慣れっこかぁ~(^_^)

カテゴリを落書きにするか妄想小説にするかで
ちょっと悩みました。

話にしてはちょこっとなんで
話にもなんないけど。

気が向いたら
この樹での思い出話でも考えてみるか。

「約束の樹」なんてエラソーにタイトル付けたワリには
なーんも考えてなかったんで(汗)。


web拍手 by FC2
│posted at 16:12:40│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.24(月)

気分転換。

終わる気がしない、この仕事の量!(怒)



イヤになったんで気分転換にラクガキ。(←仕事しろよ)
吏元初描きなのに、なんてかわいそうな役回り!!

けど、おかげで
ちょっとストレス発散できたかな?

さて。
あともうちょっと頑張りマスヨ★

web拍手 by FC2
│posted at 22:02:13│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.24(月)

ダークな気分。


「君を守ると約束したのに…」

こんだけ志季の近くにいたら
色々巻き込まれてしまうんじゃないかと妄想してしまって。

香蘭が、王宮に渦巻くドロドロに巻き込まれる話も
書いてみたいなぁ~、とか思ったり。

ただ。
知識がないから書くのは
難しいかなぁ(涙)


web拍手 by FC2
│posted at 16:11:48│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.24(月)

おはようございます。

今日は早起きしたんで、朝にアップしてみたり。
本当は夜に更新するつもりだったけど
そのまま寝ちゃったんで(汗)





朝なんで、朝の二人の風景を走り書き。
香蘭の寝ぼけている間が絶好のラブラブチャンスです!
これも香蘭より早起きした志季の特権。
早起きは三文の得っていうしね(笑)
web拍手 by FC2
│posted at 07:47:15│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.23(日)

6/22までの拍手・コメントへのお礼。

当ブログへ6月22日までにお越し頂いた皆様!
ありがとうございます! ^_^

拍手ページの隠し妄想小説はいかがだったでしょうか?(ドキドキっ)
だいぶ病んでますので皆様がついて来られたのかどうなのかが心配な今日この頃。

この帝ブログを始めて早くも1ヶ月が過ぎ、今頃気がついたことは
どうやらワタシは話を書くには、先に絵を描かないと話が書けないという
衝撃の事実に気がつきました!!
なんてこったい!我ながら、メンドくさいヤツだな。
だから最近の流れは

気の向くまま、趣味の赴くままに絵を描く。

描きながら色々妄想スタート。

やっと話が完成。

だから、どうしても話し書くのに時間がかかってしまいます。
(それだけが問題ではないハズなんだが・・・)
もし、お話を楽しみにして頂いてる方がいたら。
すみませんが、のんびりと待っていただけるとうれしーです。^ ^;


【濃面兎(コメント)へのお礼】

なな様

おはこんばんちはっ!
付録、気がついてらっしゃいましたか!!
良かった、萌えたのはワタシだけじゃなくて安心いたしました(笑)
ホントに最近の香蘭はフェロモンがだだ漏れでどーしよーって感じですよネ?
そら、志季もタジタジになるわ ^o^
イッちゃってる妄想設定にもご共感頂けたようで何よりでございます。
ななさんの邪妄想話、楽しみに待ってます!(笑)

hiru様

いらっしゃいませ♪
めげずの再チャレンジでの米、ありがとうございますっ!!
香蘭逆ハーもいいですよねぇ〜。香蘭を巡っての男達の熱き戦い(うっとり)←ちょっとちがう
叔豹×夸白はすごく書きやすかったです。それはワタシが関西圏よりの人間で、ノリツッコミみたいな感じだから?
叔豹×夸白なんて需要がなさそうだし、どうなんだろー?って思っていたけどお楽しみいただけたようで良かったです!こちらこそあーざっす!!^ ^









web拍手 by FC2
│posted at 02:36:18│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.21(金)

気づいた?。

仕様変更ってほどのモノじゃないけど。

拍手のお礼ページを使って
隠しプチ小説置いてみまシタ。

オリジナル色が強いんで
表に置くのどうーなんだろう?とか
躊躇っちゃったんで(汗)

気まぐれに置いていってみようかと思うんで
気になる方はポチっとしてみてくだサイ。

ちなみに。
そんなことし始めたのは「脱。」からです。

ほんで、今回も置いてみたヨ★ web拍手 by FC2
│posted at 01:57:44│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.20(木)

脱。



ポーズ練習のため、香蘭を脱がせてみまシタ。
水着のヒモをほどいてみたのは
ワタシの趣味です。
気にしないでクダサイ。 (・ω<)テヘペロ

コレに、あえて設定つけるなら
現代版『帝の至宝』バージョンで
志季宅のプライベートビーチにての
ハプニングといったところでしょうかね?

さぁ!どーするよ、志季?(笑)



web拍手 by FC2
│posted at 14:06:46│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.19(水)

志季祭り。

※今日はホントのラクガキです。スイマセン…

只今、帝様を絶賛練習中!!

いまだに髪型になれません。
気を抜いたらパサパサの髪の毛になってしまう…。
毛先にちょっと重さが必要なのかなぁ~?

ああっ!!
かっこ良く描きたいよぉぉ~(涙)
web拍手 by FC2
│posted at 15:24:06│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.18(火)

昌の国のユカイな仲間たち。 ~ おすそ分け編 ~

ぐぅぅぅ~っっ。


「っ!!///」

夸白のお腹が盛大に空腹を主に告げる音がする。

「すげぇ音だな」
「叔豹!!」

イヤな奴に聞かれたもんだと夸白は思いっきり叔豹を睨みつける。
ちょっとくらいの音なら気のせいと言い切ってごまかしてしまうのだが
今日の音はお腹の中で合奏会でもしているのか?と思うほどの音の鳴りようだ。

(なんで!よりによってコイツなんかに…っ。)

女子たる者、こんな奴とはいえ殿方の前でお腹が鳴るなんて!
穴があったら地中深く潜ってしまいたい!!

羞恥で真っ赤になった顔を見られないよう俯いて
その場を足早に去ろうとしたその時。

「ほら、食えよ」

叔豹が夸白の目の前におにぎりの包みを差し出す。

「…なんですの?」
「ハラ減ってんだろ?1個やるから食え。」





さらにズイっと差し出されたおにぎりは
米粒ひとつひとつが立っていてツヤもあり、とても美味しそうだ。

「フ、フン!そんな庶民の食べ物なんて
私の口には合いませんわっ!!」
「あっそう。けど、そのハラの音鳴らしっぱなしよかマシだと思うけど?
そういや、さっき陛下が香蘭に会いにきてたなぁ~?」

そう言いながら叔豹は夸白を見おろし、ニヤリと笑う。

「~っっ!!」

くやしぃぃーっっ!!
なんで!!
こんな奴なんかに食べ物を分け与えてもらわないといけないのよっ!!!

けれど。このままお腹の音が鳴り響いて、他の人に聞かれるのもイヤだし。
それに。陛下にバッタリ会って聞かれてしまったら…

「…しょ、しょうがないわね!
1つもらってあげるわよっ!!」

そう言うと、夸白は目の前に差し出された包みから
1つおにぎりを奪い取るような速さで取ると
そそくさと人目のつかない場所へ駆けだそうとした。

「おい!コラ待て!!」

外で、しかも立って食べるなんて、貴族子女の夸白には恥ずかしい行為で。
だから、人目を忍んで食べようかと思って駆け出したのに
それを叔豹は夸白の腕を掴んで引きとめた。

「な、なによ!ちょっと離してよっ!!」
「どこ行くんだよ?ここで食ったらいいじゃねーか」
「い、いやよ!はしたないっ!!」
「どーせオレしかいねーのに、はしたないもクソもあるか。
それに。オレはお前の食ってるとこなんてどーでもいいし?」
「なによ、それっ!!」

ムキーっと怒り出す夸白の手からおにぎりを取りあげると
叔豹は夸白の口へムギュっとそれを突っ込んだ。

「む~っ?!」
「ほら食え!さっさと食えっ!!」
「ちょっほ、にゃにひゅんのほっっ!!」
「食いながらしゃべるなよ。行儀悪りぃなぁ」
「っっっ」(怒)

口に突っ込まれてしまったおにぎりを出すわけにもいかず
夸白は仕方がないので、渋々そのまま大人しくおにぎりをほおばり始めた。

「どーだ?うまいだろ?」
「・・・庶民の食べ物にしては上出来ですわ」

どうして、この男はこうも強引なんだろう。
いつも、いつも!いつもっ!!

けれど…。

それが、イヤじゃない自分がいて。
それを、どこかで嬉しく感じる自分がいて。

それは、きっと気のせい。
きっと、気の迷い…


「…ありがと。」


叔豹に聞こえるか聞こえないかくらいの小さな声で
下を向いたまま、ぽそりとつぶやいてお礼を告げた。


「・・・」

頬を染めながら俯いたまま、大人しく礼を告げる夸白は
思いのほか、しおらしくて可愛くて。

(…こんなのサギだろ。不意打ちすぎねえ?)

不覚にも、コイツって可愛いなぁ~とか思って
思わず見とれてしまった叔豹であった。



■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■*・■


どうにも終いをつけれなくなって
強制的に終わりました(汗)

自分の文章力の無さとボキャブラリーの少なさに
イヤんなっちゃう!!(涙)


オフィシャル通り(?)の叔豹×夸白です。
ワタシは好きだなぁ~。

ウチは夸白がツンデレなんです。(← オフィシャル通りやんけと言われそう)
なにげに叔豹も夸白にメロってます!(大笑)

夸白
「ふ、ふん!アンタなんか好きじゃないんだからっ!」
とか言いながら好きオーラ出しまくりみたいな感じ?

叔豹
「そんなウソ言っている口はこの口か?」
夸白の口をタコ口掴みしてニヤニヤ♪

夸白
「キーッッ!!///」

叔豹が夸白をペット扱いで
可愛がるような愛し方が理想だ。(爆)



web拍手 by FC2
│posted at 17:04:01│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.17(月)

ちょっと仕様変更。

最初のブログ立ち上げ段階で
訳わからず作ってたんで
ヒマををみては再々仕様変更ちょっとずつしてたんですが。

今回、ブログ拍手を仕様変更いたしましたっ!
ささやかではありますが
お礼画像をご用意いたしましたので
興味がある方・拍手してやらんこともないよ?と
いう方はポチっとよろしくお願いします (^_^)

もう夏になるので
【夏祭り】の各キャラバージョンでもUPしていこうかなぁ~と
目論んでおります。
とりあえず、夏が終わらんウチには制作できるよう
がんばってみようかと思いマス。

今のところUPしてるのは
仕様確認用のとりあえず画像なんで
そのうち入れ替えるカモ??



web拍手 by FC2
│posted at 15:47:55│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.17(月)

チャイナドレスとキミとボク。

ここは今月号のLaLaDX付録撮影現場。


「は〜い!お疲れ様でしたぁ!!」

「志季、お疲れさまっ。!」
「香蘭もお疲れ様。
時間もちょっと早いから、帰りに王宮に寄っていかない?」

「あ、ゴメン!
なんかこれからね、私だけ別撮りで撮影があるんだって。
だからまだ帰れないんだ。ごめんね、志季」
「そうなんだ・・・。
じゃあ、香蘭の撮影が終わるまで待っていてもいいかな?」
「私は構わないんだけど。志季、お仕事忙しいんじゃ・・・」
「大丈夫だよ。今日の撮影のためにちゃんと調整してたからね」
「そうなんだ!じゃあ、パパッと終わらせちゃうから一緒に帰ってお茶しよう!」
「うん!じゃあ、見学しながらまってるよ」

●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●

「・・・あの。
これ、本当に着るんですか?」
「そうよ〜。かわいいでしょっ!!」

そういってスタイリストさんから手渡されたのは
綺麗な刺繍が施された赤いチャイナドレス。
しかもミニ!!

「こ、こんなの!ムリっっ!!」
「ムリ!じゃないのっ。これもお仕事でしょっ!
オトナの女になりたいなら仕事はちゃんとこなさないと!」
「うっ・・・」

●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●

「お待たせしましたぁ。
準備OKでーすっ!」

「あ、こうら・・・!?」

香蘭準備完了の合図の声に志季がスタジオの入り口に振り返ると
そこには赤いミニのチャイナドレスに身を包んだ香蘭が恥ずかしそうに
スタイリストとメイクに連れられてスタジオに入ってきた。

「・・・」
「へ、変だよね?!こんな格好!!
ムリだって言ったんだけど、仕事だし、大人の女になるんだったら
ちゃんと自分の仕事はしないといけないってっっ・・・」
「い、いや!変じゃないよ。
よく・・・似合ってると思うよ」

「香蘭ちゃ〜ん、撮影はじめようか!」

「あ!は、はいっ!今行きます!!
そしたら後でね、志季!」
「う、うん」

いけないとはわかってはいるんだけど。
普段では見られない、陶磁器のように白くて滑らかな足につい目がいってしまう。

その丈の短さだけでも動揺してしまうのに
その衣装はかなり上までスリットが入っていて。
思わず目で追ってしまう自分がいて。

反射的になる喉と、鳴り止まない動悸に
どうしていいのかわからなくなる志季であった。

●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●

「お!いいね〜、そのポーズ!
香蘭ちゃん、目線はこっちね〜」

順調にチャクチャクと進む撮影。
香蘭は志季に宣言した通り「パパッと」仕事を終わらすために
カメラマンの要望に応えて次々とポーズをとっていく。

「じゃぁ、次は膝立ちでちょっと色っぽく!」

「・・・っ!!」

あの衣装のおかげで、普段の何気無いポーズでも志季の心の何かを
打ち砕くには十分な破壊力を持っている。

なのに。

膝立ちで後に振り向くようなポーズで、人差し指を口元へ当てた香蘭の姿の
破壊力は凄まじく、志季をどんどん追い込んでいく。

image_20130617021612.jpg


「じゃあ、そこの椅子に座って足くんで。
小悪魔っぽい目線で!
そうそうっ!!いいよ〜♪」

「っっ!!!」

椅子に座り組まれた陶磁器のような足を上へ辿ると
そこにはスリットの間から真っ白な太ももが惜しげも無く晒されていて。

(あぁ、・・・ダメだ)
志季の中で完全に何かかが崩壊する音がした。

「えっ?!し、志季!!??」

気がつくと志季は香蘭を抱き上げていた。
そして、カメラマンに有無を言わさない睨みをきかすと
そのまま、スタジオを後にしたのであった。


【終】


*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●*・●

付録にノックダウンされました。
んで。
こんなモノが生成されました。
ついでにイラストも・・・。

けど、オフィシャルの威力がすごすぎて
香蘭はもう見たまんま描いてしまいまシタ。

だって!!
あれ以上に可愛いのをどう描けとっ?!

オリジナリティなくて
スイマセン。








web拍手 by FC2
│posted at 02:24:12│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.16(日)

6/16までの拍手・コメントへのお礼。

6月16日までに当ブログまでお越し頂いた皆様!
あーざすっっ!!!!(腰の角度は90度で)

こんなワタシの妄想劇場に付き合っていただけて
いつもいつも感謝しておりますっ!!
これからもヨロシクですっ★

あと、新しくお素敵ブログ様をリンクさせて頂きました!
またしても図々しくヨネスケ張りの強引さでお願いをしたのにもかかわらず
快く承諾をいただけました★
ななち様、ありがとうございましたっ!!

ななちのブログ


【米ン戸(コメント)へのお礼】

なな様>

ええ!今回は香蘭ミニチャイナでございます。
だって!!今月号の付録みました?!
ステッカーの説明書(?)の香蘭イラストがミニチャイナなんですよっ!!!
ちょっと!あーた!!また志季を悩殺する気?!!
ああっっ!!焦る志季の姿が頭に浮かぶ・・・。
これでだっこなんかした日には太ももとか、お尻とか、もろお触りなんですよ!?(爆)
・・・という具合に腐敗しているワタシはノックダウンされてしまい
気がついた時にはペンを手にいそいそと描いておりました。
オフィシャルのミニチャイナの香蘭は絶対志季を誘ってるっぽいので
もしみていないのなら早くみてください!
スリットが!生足がっ!!
かわえぇですからっ!!!(言い方がおっさんだ)


web拍手 by FC2
│posted at 23:35:01│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.15(土)

力尽きた・・・。



密着度が高いのが描きたい!
と頑張ったけど
力つきました・・・。

小説も書きたい!
けど絵も描きたい!!
ついでにピアノも弾きたい!!のに

時間がたりませ〜んっ!!!

趣味に走り出すと
時間がたりなるねぇ〜


web拍手 by FC2
│posted at 03:33:56│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.13(木)

色気。

先日、Rだとか襲えだとか
吠えてしまったんで

よっしゃっ!
一発志季のお色気ショットでいったるでぇ~♪
と、息巻いてお絵かきしてみたものの。


描いてみたはコチラ。

コレのどこに色気が?
想像ではもっと攻めの色気路線でいくハズだったのに…

なかなか自分の妄想を
そのまま描きだすのは難しい(+_+)


web拍手 by FC2
│posted at 11:03:16│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.12(水)

彼がまだ、やっていないこと。



志季と香蘭のイチャイチャを描くにあたって
どんなのにしよう?と改めて考えていると…

志季、天然の振りして
結構色々やってるよね?

せっかくだから
彼がまだやっていないようなことを
描こうかな~とか考えてたら…




・・・R指定?


それしか
浮かばなかったワタシは
腐ったオトナです。

Rはさすがにイカンので
やるなら、襲うだけにとどめておこうっ!
(コラコラコラ)

ごめんねぇ~、香蘭(笑)





web拍手 by FC2
│posted at 17:03:28│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.11(火)

影響。


久々にアナログで落書き。

偶然、とあるアニメのOPとEDをみたら
ヒロインの子がちょっと香蘭に似ててかわいかった~*

歌に合わせて踊るんだけど
これまたカワイイっ♪
歌もかわいいしっ!

んで。
着てる制服とお洋服がかわいかったんで
香蘭にも着せてみたりして。

う~ん
衣装、うろ覚え(汗)

しかも
なんじゃい!このポーズはっっ!!

スカートひらひらなんで
志季は気が気じゃありません(笑)

web拍手 by FC2
│posted at 16:51:23│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.11(火)

君に伝えたいこと。

君に伝えたいことがあるんだ
君に届けたい思いがあるんだ
君に伝えたい言葉があるんだ

暗く光が届かない色褪せた世界に
かざした手の隙間を縫って光さすように
闇を照らすやわらかな木漏れ日のように

私の世界を照らす
真っ白に澄んだ光のような君

もう だめなんだ
君でなければ だめなんだ
君がいないと だめなんだ

だから。 ごめんね

もう、無理なんだ
もう、手放すことはできないんだ

だから。 ごめんね
君を 巻き込むよ 私の運命に


君に伝えたいことがあるんだ
君に届けたい思いがあるんだ
君に伝えたい言葉があるんだ

何度でも 君に言うよ
何度でも 君に伝えるよ

君が好きだよ。
君を愛してるよ。

※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・※・

なんとなくポエムです。
今月号のLaLadx読んだら
こんなカンジになりまスタ。
志季の告白でっせ〜





web拍手 by FC2
│posted at 01:56:59│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.10(月)

萌え死にそうデス。

今日は
待ちに待ったLaLaDX発売日~♪
早速、昼休みに買ってきたさっっ!!

だ、ダメだっっ!!
鼻血でそうっっ!!!
萌え過ぎて仕事になんねぇぇっっっ!!!!(ダメ人間)



ネタバレ感想はコチラ。

web拍手 by FC2
│posted at 14:48:34│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.10(月)

6/9までの拍手・コメントへのお礼。

※注意
かなりハイテンションの為、乱文乱筆でございます。
お気を付け下さいませ。




毎度、ちどり庵をご覧頂き
誠に有難うございますっ!!

こんなへっぽこブログを見て頂いてる方に
感謝感激!雨あられ!でございますっ (^・^)/~vvv

コメント・拍手をくださった心の友の皆様!
(※拍手・コメントくれた方は勝手にワタシの心の友に登録)
ありがとうございます~っ!!
皆様から頂いたその心を悟●の元気玉のように力にかえて
これからもヘッポコなりに楽しんでやっていきたいと思います。


6/8 hiru様

いらっさいませ~♪
こんな辺境の地までようこそおいで下さいましたっ!!
小説で噴いて頂いたようでなによりでございます。
書いてる当の本人としてはホントは
大人な!(微エロな)冷静と情熱の狭間で揺れ動く(R指定?)男女のしっとり物語を書きたい!
と熱望しているのですが、いかんせ根っからのギャク気質らしく(←本人認めておらず)
なかなか壮大なラブロマンスに至らず、悩ましい日々を送っております。
でも、楽しんで頂けているようなので「これでいいのかっ!」とか思い直し
壮大なラブロマンスは皆様にお任せしてワタシはこのまま、ギャグ路線でいっちゃおうかな~と。
イラストについてもお褒め頂き、有難き幸せにございます!
こんなんで妄想の足しにでもなるのなら、この身に余る栄誉!でございます!(T▽T)>
今後も一緒に「帝」を盛り立てていきましょうっ!!
これからもヨロシクですっ★


6/9 なな様

毎度です★
いつもご贔屓頂き有難うございますっ!
そうなんですよっ!
髪をおろした香蘭はかわいいんですよっ!!
最近はちょっと髪伸びて色気が増してきたので余計に
おろした姿をついつい描いてしまいます。
なんせ志季を陥落させたくらいですしねぇ~。
いやはや。なな様のこのなにげない
「髪を下ろしてる香蘭は超かわいい」という一言で
「香蘭の髪をほどこうとする志季の図」が一瞬にして生成され
瞬く間に目くるめく妄想に世界にトリップしたワタシ。
うん。相当病んでますっ!!
こんなワタシですが、これからもヨロシクです(^_^;)



web拍手 by FC2
│posted at 11:23:58│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.10(月)

とある貴族子女の華麗なる日常。

「し、志季!本当に大丈夫だからっ!!」
「ダメだよ、ちゃんと手当しないと」

いつものように香蘭を誘って、陛下とお茶をご一緒しようかと(むしろこっちがメインだけど)、私とお姉様は放課後の校内を二人の姿を探して歩いていた。
すると、校舎裏の茂みの方から二人の声が・・・。

「まぁ!こちらにいらしたのね♪」
「お姉様!お待ちになって!!」

声のする茂みの方へ突き進もうとするお姉様を制して、声のする方向へ意識を集中させる。
そして。二人の位置をすばやく確認すると足音を忍ばせ茂みの中の様子を伺う。

「ど、どうしたの、夸紅?いきなり隠密のような動きして」
「お姉様、静かに!これは・・・」

そっと茂みの中を覗くと、そこには香蘭と志季の姿が。

「これくらいのキズ、大したことないから!」
「でも、かすり傷があちこちにたくさん。ほら、頬にも・・・」

そう言って、志季が香蘭の頬の傷に触れようと手を伸ばすと、顔を赤くして焦った香蘭が慌ててその手を遮る。

「こ、こんなの軽いかすり傷だし、舐めとけば治るよっ!」



「っっ!!!」
「ちょ、ちょっと夸紅!どうしたの?!」

香蘭と志季の一連のやり取りを盗み見みしていた夸紅に衝撃が迸る。

「まさか・・。これは、この展開は・・・」

陛下のこの行動。
そして、香蘭のあのセリフ。
まさかとは思うけど。
でも!そんなっ、これって・・・!!!


志季の手を遮ってそう言った香蘭がくるりと向きを変え茂みから出ようとした、その時。
フワリと身体が一瞬宙に浮いたかと思うと、頬に温かく柔らかいものが触れた。

「え・・・」

一体何が起こったの?
今のって・・・。

志季に抱き上げられた香蘭は状況が飲み込めず、大きな瞳をさらに大きく見開いて固まっている。
そんな様子の彼女もかわいいなぁと微笑むと、志季は香蘭の手を取り彼女に見えるように、その手に、指にと口づけを落としていく。

「えっ、やっ!///
ちょ、ちょっと待って志季!!」

林檎のように耳まで真っ赤に染まった香蘭が慌てて手を引こうとするが、その手には志季の指が絡まり逃げることを許さない。

「だって、香蘭言ったじゃないか。
『舐めとけば治る』って」

そう言って、腕にチュっと音を立てて口づけを落とすと、今度は首筋に顔が近づいてくる。

「っっっ!! ま、待って!!そ、そうじゃないっっ!!!」

志季の胸を両手で押しのけ、なんとか距離を取ろうと背を逸らしながら香蘭が反論する。

「そ、それは!自分で舐めるってことであって!!
志季がしなくてもいいのっっっ!!!」

「でも、頬や首は自分ではムリだよ。
・・・向こうでゆっくり手当しよう?」

「??!!」

そう言うと香蘭を抱き上げたまま、待たせてある馬車へと去って行ってしまったのだった。



「ね、ねぇ夸紅!
あれって、あれってやっぱり陛下は香蘭のこと・・・」

まぁ、今までの行動でなんとなく、もしかしてと思ってはいたことだが。
一部始終を見終えた夸白が、この事の成り行きを確認しようと夸紅に振り向くと。
そこにはなにやらブツブツと呟く夸紅が。

「なんてことなの!
まさか、こんな所で『おっとビックリ★急展開イベント』が発生するなんてっっ!!」

「こ、夸紅?」

「この場合のフラグは、やっぱり香蘭の
『舐めとけば治る』っていうあのセリフよね?」

「ねぇ、夸紅・・・?」

「でもそのフラグが発生するには、手前になにかしらイベントが発生したのよね?!」

「ふ、フラグ? い、イベント?? 夸紅、なんのことなの?!」

「私としたことがしくじったわっ!!
どこかでこのイベントの発生フラグを見落としてたのね!!!」

「ねぇ!さっきから何を言っているの、夸紅っっ!!!」



彼女の名は夸紅。
趣味は、自分を取り囲む人々達で繰り広げられる『リアル乙女ゲーム』を楽しみ、文章にしたためること。
妄想全開のオタク稼業に励めるように、今日も全キャラのシナリオ回収にフラグを求めて西へ東へと奔走するのであった。



【終】



乙です!
なんも考えずに、なんかノリだけで書いたんで
色々とおかしいことに(汗)

志季と香蘭の「舐めときゃ治る」のくだりは以前から考えていたんですが
なんでか夸紅が入ってきちゃった・・・

ワタシの中のmy設定の夸紅は
オタク貴族子女という設定です。

常においしいイベントを逃さないように
みんなを観察しているような子。

・・・なんでそんな娘になっちゃったんだろ?


描いてみたはコチラ。 web拍手 by FC2
│posted at 04:24:53│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.09(日)

花葬。




ばらばらにちらばる花びら 雫は紅
欠けた月よ廻れ 永遠の恋を写し

瞳 あけたまま 腐食してゆく身体
あざやかに失われる この意識だけを残して
春を待てずに

愛しい貴方はただ そっと冷たくなって
腕の中でこわれながら ほら夢の渕で呼んでる
いつものように Ah…
くるい咲いた夜に 眠れぬ魂の旋律
闇に浮かぶ花は せめてもの餞(はなむけ)

たどりついた終わり 生まれ変わりの痛み
飲みこまれる土の中で 結ばれていった約束
死んだ世界 Na.

ばらばらにちらばる花びら 雫は紅
欠けた月よ廻れ 永遠の恋を写し

今宵は もう 夢うつつ
やがて閉じた瞳 Na…

くるい咲いた夜に眠れぬ魂の旋律
闇に浮かぶ花は せめてもの餞(はなむけ)

ばらばらにちらばる花びら 雫は紅
欠けた月よ廻れ 永遠の恋を写し

Ah…くるい咲いた夜に

**********************

L'Arc~en~Cielの「花葬」のイメージで描いてみたり。
「花葬」描いてみたはコチラ。

詩の歌詞って色々想像かきたてられるよね?
え?ワタシだけ??

スピッツとかラブいの多すぎ。
ワタシを萌え殺す気かってぐらい。
(スピッツいい迷惑)

いあやぁ〜
昨日、久々に友達とカラオケいったら
頭ん中がこんな状態に。

この妄想、楽しいから
またやろうっ!!
(変な決意表明)
web拍手 by FC2
│posted at 11:17:30│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.07(金)

動悸が。

来週のLaLaDXの発売がかなり待ち遠おしい。
あぁっ!続きを妄想すると動悸がっっ!!!(アホウ)

ハイ。自分に課した一日一絵のノルマ。
今日の落書きはコチラ。

写真 2013-06-07 2 10 39

ラクガキの様子はコチラ。

志季を描こうかとおもったケド
気が変わって香蘭に変更。
あいかわらず、マゴマゴしてる・・・









web拍手 by FC2
│posted at 02:23:58│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.05(水)

甘味不足。

           

なんか
イチャイチャな
ベタベタな
甘々な二人を描きたい(書きたい)んですが

ウチのは
志季→香蘭への一方通行気味。
(思いはお互い通じてますヨ)

香蘭が恥ずかしがって
なかなか甘くならんとデス。

なんか甘いモノを参考にしなくてはっ!!

web拍手 by FC2
│posted at 16:03:34│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.04(火)

今日の予定。

実録。 ~ 「今日の予定」 ~

   
 「アンタの予定じゃないのっ?!」  キャスト:香蘭…きくらげ/志季…ダンナ

朝からワールドカップ予選で浮かれるダンナさんを
無視して出勤の準備。
本日の予定をなんか言い出したと思ったら…

全部ワタシの予定だった。

わーお。
きくらげビックリ★

つまり。
定時で帰ってきて
枝豆と晩ご飯とビール用意して
サッカーに備えろと。
(一緒に観戦するのも予定に組み込まれているらしぃ…)

人の予定立ててないで
ご自分の予定を立ててつかーさい。(-_-;)

web拍手 by FC2
│posted at 16:04:02│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.06.03(月)

なんとなく。


志季「・・・。だから、なに?」


まったくだ。

なんとなく、円夏にこれを言わせたかった。
しかもコレが初描き。

ワタシにとって、円夏様はお笑い要員です(笑)
お国の為に頑張ってるのに酷い扱いだな。 web拍手 by FC2
│posted at 14:36:20│ コメント 0件トラックバック 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。