スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
│posted at --:--:--│
2013.09.02(月)

確信犯。

気がついたら9月だぁ…
書きたい小話は何個かあるんだけど
つわりで体長が悪くて話がまとまらない(涙)

どうやら今月ぐらいにピークに達するらしいので
今から怯えておりマス。
早く気分爽快になって、美味しいものが
たらふく食べたーいっっ!!(切実)


そういや。
久々に単行本を読み返してて
気が付いたんだケド。

香蘭って、耳が弱いんだね~(ニヤリ)



*・。*・。*・。*・。*・。*


「香蘭、ちょっと耳かして」
「え?ど、どうしたの、志季?」
「うん、実はね…」

そう言って香蘭の肩を引き寄せると、そっと耳打ちをする。

(うぅっ、耳打ちってなんかゾワゾワするから苦手なんだけど…)



「…香蘭、大好きだよ」
「っっ?!」

耳元でいつもとは違う声色で、わざと吐息がかかるようにその耳に囁くと
一瞬で耳まで真っ赤に染めた香蘭がその場に崩れる落ちる。

「~っ///」
「どうしたの?香蘭?」

腰が砕けて立てなくなった香蘭を抱き上げ
その顔を覗き込む。

真っ赤な顔で金魚のように口をパクパクとさせる彼女は
最高に可愛い。

「香蘭、かわいい」
「し、志季!!わ、私が耳が弱いって知ってて
わざとやってるんでしょっ!!」
「へぇ、そうなの?香蘭、耳が弱いんだ」
「っ!!(ゆ、誘導尋問?!)」


自分の弱点を知って
嬉しそうに終始ニコニコと笑う志季の姿に
なんだかとってもイヤな予感を感じる香蘭なのでした。


*・。*・。*・。*・。*・。*

しばらくは耳を攻められる日々が続くんだろうなぁ~。
そんで。それに怒った香蘭が耳打ちさせてくれなくなるんだろうなぁ~。

まぁ、うちの志季さんの場合は
そうなったら強制的に攻めるんでしょうが。

香蘭の受難(?)はまだまだ続きそう(笑)


web拍手 by FC2
│posted at 15:42:25│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。