スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
│posted at --:--:--│
2013.09.11(水)

とある日の風景。~ 帝の憂鬱。~

ご無沙汰です。
更新、滞ってました(汗)

お仕事溜まっちゃって
忙しくて・・・

ウソです。
いや!ウソじゃないけど、ホントだけどっ!!


なんだかちょっと
スランプ気味で、話も絵もストップしてまシタ。

こんな場所までワザワザ足を運んでくださる
皆様に新しいモンもなんもなく申し訳ないなぁ~と思いつつ。

でも、出来んモンは仕方がないので
この間に色々と萌えを探す旅に出てました。
(単にマンガ読んだり、マンガ読んだりしてただけですが)



今回の「とある」は前回の朝の攻防の続き、とまでは
いかないけど、朝→昼で二人の一日の流れっぽい時間の中での話です。

朝→昼とくれば、やっぱり次回は夜ですかね?
なにかとヤバイ方向へ向かう夜かぁ~…


それでは、どうぞ~★




*・。*・。*・。*・。*・。*


太陽の光が頭上から降り注ぐ、お昼時。

いつもなら。
帝と妃が一緒に仲良く昼食をとる姿がみられるのだが。
ここ数日、その場には帝の姿しか見当たらない。

「円夏。今日も香蘭は遅いのか?」
「はい。香蘭様は午前中の公務を済まされてから
お食事をとられるとのことです」
「昼食ぐらい、一緒に取れないのか」
「それは陛下が香蘭様の大事な午前中のお時間を
奪ったせいですよ!」
「・・・」

香蘭の正妃としての公務が滞っている原因が
自分との毎朝の攻防に原因があるとはわかっているので何も言えない。
彼女は遅れた分の公務を頑張って一生懸命こなしているのだ。

正妃の立場ともなれば、様々な公務を帝同様にこなさなければいけない。
自分の我儘で面倒くさいことや、嫌な世界につき合わせてしまっているはわかっている。
けれど香蘭はそれらを承知の上で、自分の側にずっといてくれると笑って言ってくれた。

だから、こんな世界につき合わさせてしまっている
張本人の自分がこんなことを思うのはいけないとわかっているのだが。
思わず本音が口をついて出る。

「香蘭は私の「妃」なんだけどなぁ・・・」



以前のように。

ゆっくりとお茶をする時間もめっきりと少なくなり、
香蘭と過ごせるのは夜のひと時だけ。

だから、もっと彼女と一緒に過ごしたくて
朝早くから床を抜け出そうとする彼女を無理やり捕まえる。

自分の腕の中にいる時だけは、彼女は「自分だけのもの」だと安心できるから・・・。



*・。*・。*


昼食を終え、執務室へ向かう途中。
やっと公務を終えた香蘭が遅い昼食をとりにこちらへと向かってくる姿が見える。

「あ!志季。お昼ご飯、もう食べた…って、えっ?!」

そう言い終える前に香蘭を抱き上げ、もと来た道を引き返す。

「し、志季!ご飯食べたんじゃないの?!」
「・・・」

いきなり抱き上げられて昼食の準備のされている部屋へ
連れ去られる香蘭は何事かとただ驚くばかり。

いつの間にか人払いのされた昼食の用意された部屋につくと
志季は香蘭を抱き上げたまま椅子に腰をかけ、自分の膝の上に彼女を座らせる。

「もぅ!いきなりどうしたの、志季!」

いきなりのことで訳の分からない香蘭は
ちょっと怒りながら志季の顔を見上げようと顔をあげたその時。

ギュッと力を入れて香蘭を抱きしめて
そのまま、自分の胸に彼女の顔をうずめさせる。

「っん!ちょ、苦しっ…」

暴れる香蘭の頭の上に自分の顔をのせ
彼女に顔を見られないようにして口を開く。




「香蘭は私の「妃」だよね?」
「・・・え?」

いきなりの問いかけに意味がわからず
暴れるのをやめて、顔を上げようとするが
頭の上にのせられた志季の顔に邪魔をされて
その表情をうかがうことはできない。

「この世界は面倒くさいことや、嫌なこともたくさんあるし。
「妃」としての役割の公務も多い」

「うん…、私は大丈夫だよ?」

「…私の我儘で君を無理やり
この世界につき合わさせてしまっていることも
自分ではちゃんとわかっているつもりなんだ」

「そんな!無理やりなんかじゃないよっ!
私は志季のそばで役に立つなら…」

「でも、私にとって君は「妃」じゃなくて「妻」なんだ。」

「え?」

「だから・・・」

「・・・志季。
ひょっとしてヤキモチ?」


一瞬、志季の体が固まったかのように感じ
そろりと顔をあげ見上げると、そこにはばつが悪そうな顔で
ちょっと顔を赤くした志季の姿が。

「志季、かわいい・・・」

思わずプッと吹き出し、ポロリと出た香蘭のその言葉に
大人げない自分が恥ずかしくなり
彼女の唇を無理やり口づけでふさいで誤魔化す。

「ん・・・っ」

いつもなら「こんなところで!」と怒りだす香蘭だが
志季の首へと手を回し、その口づけを素直に受け止めると
柔らかい微笑みを浮かべながら、志季の瞳をみて彼に告げる。

「明日からはちゃんと一緒にご飯食べようね!」



彼女のこんな、なにげない一言や
この微笑だけで幸せになれる自分は
なんて単純なんだと思い、幸せを噛み締める帝であった。


*・。*・。*・。*・。*・。*

「人」にじゃなくて「公務」に嫉妬する志季を書いてみたり。
まぁ、香蘭に近づく奴には嫉妬するんでしょうケド。

自分と一緒に居る時間より公務にかかる時間が
多いことに帝様はご不満の模様(笑)

今回は志季が嫉妬する姿と
年下らしい可愛い姿が書いてみたいと思って
書いてみました~(-_-)

志季としては甘えて欲しいので
年上の香蘭に可愛いと思われるのは
不本意だろうな。

ま!
ウチの香蘭の場合は甘えてくる志季(無自覚)のことを
可愛いといつも思っていますが(大笑)

好きな男を可愛いと思えるのが
「愛」なんですよ、きっと!

たぶん・・・。





web拍手 by FC2
│posted at 12:27:00│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。